冬日も減ってる温暖化

姫路市と兵庫県立大学が協働で行ってる「環境学習」に参加してきました。

懐疑説もあったけど

姫路の平均気温も上がってるけど、コンクリートアスファルトなどによる「ヒートアイランド現象」の影響も大きく、姫路の場合は70%ぐらいがそうであろうと…そして、残りの30%が温室効果ガスの濃度の増加だろうということです。

冬日の日数も減ってる

スタッドレスはどうしようかな…

最低気温が0度未満になる日を「冬日」といいます。

気象庁によると、地球温暖化や都市化が進んだ影響で、冬日になる日は全国的に減少傾向にあります。

大阪市では

  • 1960年代 年平均27・5日
  • 1970年代 年平均13・5日
  • 1980年代 年平均14・9日
  • 1990年代 年平均 3・6日
  • 2000年代 年平均 3・5日

となっています。(読売新聞2017年01月06日)

二酸化炭素の増加と平均気温の上昇

両者は比例関係にあり否定のしようのない事実

(出典:気象庁「気候変動監視レポート」

短い時間でしたが、その他、エネルギー事情や建築、工事、輸送などに関する様々な政策など紹介されました。

更に多くの人がより深く知ると、毎日の意識と行動が無理なく変わっていくのかな…と…

水中活動クイズ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

ビビッときたコト書いてみる

シェアする

フォローする

ビビッときたコト書いてみる