安全の為の「健全な恐れ」と「不健全な恐れ」

各メディアでは台風のニュースでにぎわってますが…

台風近いですが…「海は快適に潜れますよ!」というとノンダイバーから「まさか!」「またまたぁ」と言われます…(*”▽”)

ニュースの情報って?

実際は…今日のジオパーク

メディアの情報はそもそも大勢の人が知りたがる全体の情報の一部であって、私たちが活動する為の情報ではないです。

  • ネタ1 大荒れの実況中継
  • ネタ2 のんびりした海模様

台風が近づくときにより多くの視聴者が知りたい情報ネタ1ネタ2

実際は…今日の越前海岸

その情報が当該地域にあてはまるか…

  • 山陰ジオパークでは:今子浦?佐津?切浜?猫崎?竹野浜?
  • 広域では:田辺?白崎?白浜?周参見?日高?越前海岸?

一般に断片的な情報から容易に思いつく答えはそもそもあてにならないものです…(*’▽’)

恐れは行動の制御?邪魔?

フランクリン・ルーズベルト

我々が唯一恐れなければならないのは、「恐れる」ということそれ自体だ。

The only thing we have to fear is fear itself.

恐れの分類

恐れは2つの行動を妨害するタイプに分けられます。

  1. 玉の恐れ
    • 大きな砕け波を見て入水をためらわせる恐れ
  2. 玉の恐れ
    • 一般の天気予想だけで海を怖がらす恐れ

「恐れ」の心理を正常に保つには一定の知識・知恵が必要でしょう。

カールホパー

理論の正しさを証明しようと努力するのではなく、その( )を見つけようとすることから知識は進歩する。

[詳細]

誤りを見つけようとすることから知識は進歩する。

社会と異なり、「よく頑張った」がない自然界では、理論とは言えない一般情報を、正しいと信じて疑わないといった群集心理で行動しないようにしたいですね。

(まずはココから)気圧配置、前線、地形の特徴…中学生の理科

[詳細を隠す]

バン・K・タープ

  • 人々は役に立たない物事に心惹かれるものだ。それが人間の本性である。
  • 重要なことを学べるのは聴衆の( )%以下に過ぎない。

[詳細]

1%

海を安全に楽しみたいという動機でダイビングを始めるけれど、海の楽しみ方安全のための知識や技術を得ようとする人は少なく、ライセンス取得自体潜る行為だけ目的化する人が多い。

しかしそれらの目的は容易に達成しているので、その後はできることの中から達成感を探すようになるが、成長を伴わない達成感に感じる喜びは高が知れている。

[詳細を隠す]

海の青い鳥症候群

「どこの海がいいですか?」と聞いてくるダイバーは多いが「どんな時にどうダイビングするのが良いか」を聴いてくるダイバーは殆どいない。

雨で良い海や、快晴でも酷い海があったり、昨日の透明度が20mでも今日の透明度が5mということがあるのに…

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

ビビッときたコト書いてみる

シェアする

フォローする

ビビッときたコト書いてみる

コメント

  1. […] 天気予報と実際の違い(安全のための2つの〇〇) […]