どちらを選びますか…?”(-“”-)”

朝からの救急法に引きつづき…レスキュー練習に、地元の他、大阪からダイバー集合です!

レスキューテクニック…誰もが、「できる方がいい」と分かっていても…身につけてる人は少なめ…分かっていても…の非合理?!

分かってるはずなのに…選ぶ選択肢と、選ばない選択肢。

今日の方々の様に踏み出される方もおられるとして・・・

さて質問!

どちらを選びますか?

質問文①

  1. 外科手術を受けた100人のうち、90人が手術に成功し、1年後の生存者は68人、5年後の生存者は34人だった。
  2. 放射線治療を受けた100人のうち、100人が無事に治療を終え、1年後の生存者は77人、5年後の生存者は22人だった。

「1」?それとも「2」?

質問文②

  1. 外科手術を受けた100人のうち、10人が手術中に死亡し、1年後には32人が、5年後には66人が死亡していた。
  2. 放射線治療を受けた100人のうち、治療中に死んだ人はなく、1年後の生存者は23人、5年後の死亡者は78人だった。

「1」?それとも「2」?

それぞれの質問文で

外科手術を選んだ人の割合は?

[詳細]

クリックで拡大

質問の提示表現が異なる(①生存者ベース、②死亡者ベース)ために、どちらも同じことを言っているのに関わらず、選択に大きな開きが出ています。

情報の提示方法で26%(約4分の1)が、選択を変えてしまう1)167人の医師と297人の学生、119人の患者のあらゆるグループではっきり見られています。

[詳細を隠す]

表現や雰囲気に左右されず…

合理的は選択ができるようになりたいものです~(*^-^*)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

References   [ + ]

1. 167人の医師と297人の学生、119人の患者のあらゆるグループではっきり見られています。

ビビッときたコト書いてみる

シェアする

フォローする

ビビッときたコト書いてみる