酔っ払ってご機嫌の…(*^^*)

wp-1477241381664.jpg深夜の私生活?ー赤裸々アップの巻

基本的にハッピーエンドが好きなんですが…今夜はコレ!

  • Luciano Pavarotti – Rigoletto
  • (Giuseppe Verdi) 1981

そんな気分の時もあるさ~

  • 【作曲】ジュゼッペ・ヴェルディ(1850~51年)
  • 【初演】1851年3月11日 ヴェネツィア、フェニーチェ座
  • 【台本】フレンチェスコ・マリア・ピアーヴェ(イタリア語)
  • 【原作】ヴィクトル・ユーゴーの戯曲『逸楽の王』
  • 【演奏時間】
    • 第1幕 50分
    • 第2幕 30分
    • 第3幕 30分  合計 約1時間50分
  • あらすじ
    • 【時と場所】16世紀、イタリアのマントヴァ
    • 【登場人物】
      • リゴレット(Br): 公爵に仕える道化師
      • ジルダ(S): リゴレットの娘
      • マントヴァ公爵(T): 領主
      • スパラフチーレ(Bs): 殺し屋
      • マッダレーナ(Ms): スパラフチーレの妹
      • モンテローネ伯爵(Bs): 領地内の伯爵 ほか
  • 【第1幕】16世紀、イタリアのマントヴァの公爵の館。好色な領主マントヴァ公爵は、モンテローネ伯爵の娘をたぶらかした。公爵に怒りをぶつける伯爵に、公爵に仕える道化師リゴレットが伯爵を笑いものにする。いつも人を嘲笑するリゴレットは、他の家臣たちから恨まれていた。伯爵は「父親の苦悩を笑うお前は、呪われよ」と言い捨てる。内心、焦るリゴレット。実はリゴレットには、隠し育てていた一人娘がいた。リゴレットの娘ジルダは、教会でマントヴァ公爵と出会う。公爵は貧しい学生だと偽ってジルダに接近する。世間知らずのジルダは恋に落ち、リゴレットに恨みを持つ公爵の家来たちは、リゴレットが「愛人」を囲っているという噂を聞く。その女を公爵の館に誘拐し、道化師リゴレットを笑いものにしてやろうと企てる。そして見事、この誘拐は成功する。
  • 【第2幕】事情を知らないマントヴァ公爵は、家来たちがジルダを館に連れてきたのを知って喜ぶ。娘がさらわれたことに気づいたリゴレットも、公爵の館で再会する。ジルダは恋に落ちたが、さらわれて恥ずかしい思いをしたことを話す。リゴレットの怒りは公爵へ向けられ殺意を抱く。
  • 【第3幕】田舎の居酒屋でマントヴァ公爵は、殺し屋スパラフチーレの妹マッダレーナに手を出す。未だ公爵への恋心を捨てきれないジルダに、リゴレットはその姿を外から覗かせ、諦める。リゴレットはスパラフチーレに大金を渡し、公爵の殺害を依頼する。嵐の吹き荒れる夜、スパラフチーレが殺害を実行に移すと、公爵に恋をしたマッダレーナが殺害を止めるように訴える。誰か身代わりが必要だというスパラフチーレの言葉を、壁穴から聞いたジルダは、自らが身代わりになることを決意する。
    リゴレットはスパラフチーレから公爵の死体が入っている袋を受け取る。
    中を確認すると…そこにあった愛娘の姿に驚愕する。呪いが現実となり、彼は崩れ落ちる。
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

ビビッときたコト書いてみる

シェアする

フォローする

ビビッときたコト書いてみる