今どきの?!夏休みの…水面下の高校生!

高校生と言えば

学科試験の巻(^O^☆♪

そうです!夏休み!

皆さま、高校生の夏休みって何されてました?僕は陸上部だったので、部活と…宿題少々…あとは相生の野山で読書など…

それが今の高校生とくりゃ…

ダイビングライセンス取得とな!

日中は他にも「10歳になったから!」と、お母さまに連れられた小学生がダイビングに来られてました。

ライセンスは10歳から

なんか、お酒は二十歳からって感じですが…(^-^;

実は、体験ダイビングは8歳から可能です。

ところが!

ライセンスが取れると言っても、10歳であっても大人と全く同じ学科とプールと海洋実習を行います。

そうです…学科が…

「中性浮力」、「無減圧潜水時間(ノンストップリミットとも)」、「減圧症」、「水圧と体積の関係」などなど…

大人には簡単な内容でも小学生でも同じ内容での学科試験があります”(-“”-)”

一応、大人が有利です。

(適当にやっちゃう大人が落ちて、一生懸命な小学生が一発合格することもありますよ!)

ところが…実技は…

さすがに小学生や中学生は、一般のプールの深さが深めな場合が多いです…。

あ、ご安心を!

ココモプールは水深自由に変えられます!

「親子で始めるダイビング」の場合、大きなタンクの取り回しは、さすがに親御さんの方が有利です。そんな中、プールでの練習がスタートします…

ところがどっこい…なんてことか…

1時間も経つと、小さなお子さんの方が水を得たダイバーとなられてるケースが多いです。

子供の方が習得が無茶苦茶速いです!

ダイビングはバランス

ダイビングイメージ

ダイビングイメージ

水中テクニックというのは、まず、重力を浮力で打ち消すことが基本です!

陸上ではあり得ないこの感覚…幼なければ幼いほど

吸収が良いです!直ぐに身に付けちゃいます…(*^▽^*)…まるで…理屈でなく、自然に言葉を覚えていくように…!

分岐点!

それもそうですが、大人との差は…

先入観の有無が大きいしょう

学科ではなるべく「そこんとこ」について話をしますが…幼いほど「ありのまま(?)」で吸収してくれます。大人は未知のことに対して、指導より先入観で動こうとして、何度も同じ失敗を繰り返します。

ほんの少しの吸収量の違いからの積み上げが複利運用の様に、経験(ただの回数ではなく…)の差が開いていく様です…

海洋での水中では…

緊張感に満ちたご両親を、お子様が手を引いて跳ねるように潜られてます!(^^)!

今日のココモでのプール実習模様・・・

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

ビビッときたコト書いてみる

シェアする

フォローする

ビビッときたコト書いてみる